最近の東京であげる葬式に関して

近年、東京では単身世帯の核家族が増え、お墓も地方の地元に帰らず、東京でたてるという家族が増えてきました。そのため、葬式のあげ方も自由化が進み、最近では、家族葬というのもメジャーになってきました。家族葬は、家族もしかは親戚の少人数でこじんまりとあげるのが特徴で、気遣いなく家族だけであたたかくできることが人気の理由です。また、近年は、高齢者の独り暮らしも増えてきたことに対し、高齢者があらかじめ自分のお墓や葬式のあげ方を決めているケースもあります。終活と呼ばれるものには、葬儀のことだけでなく、遺産や財産のことなど、自分が亡くなったあとのことを決めておき、記録に残しておくということをしている高齢者も多いです。今後も、ますます自由化になっていくことが見込まれます。一度家族で話し合ってみても良いかもしれません。

東京の葬儀社で家族葬の葬式をしたい

70代、80代の高齢者は会社を退職してから長い人が多く、葬儀に参列する人が少ないので、一般葬よりも家族や親族と心を込めて行う家族葬を希望している人が増えています。東京の斎場では家族葬による葬式を行っており、棺や祭壇、ドライアイス代、僧侶へのお布施などの費用がわかりやすく明瞭になっており、安心して依頼できます。現代は寺院とのお付き合いが希薄になっている人が多いですし、檀家になるのに抵抗を感じている人も増えていますが、信頼できる寺院の僧侶を手配してくれる所も増えています。お通夜と告別式の両方を行う場合と、告別式だけを行う一日葬を希望している人も多いので、スタッフときちんと打ち合わせをしておくことが大事です。東京の葬儀社では、アットホームな雰囲気で心を込めたセレモニーを行っています。事前に予算を決めておくと、希望のプランを見つけやすくなっています。

東京で葬式を執り行う際に考えること

東京都内で葬式を執り行う際、どこの斎場で行うのかということも考えなければいけません。都内には民間の斎場と公営の斎場があります。公営の場合には費用もかなり抑えることが出来るようになっていますし、荼毘に付す場合の移動に掛かる費用も抑えることができますし、時間も短縮させることができます。しかし公営の斎場は人気が高く、葬式を執り行うまでにかなりの日数を要することもあります。また規模も考慮しなければいけません。今は一般的な葬儀ではなく、親族のみで執り行う家族葬が多くなってきています。家族葬であれば、アットホームな雰囲気の中で送り出すことができますし、自宅から送るような感覚で執り行うことも出来ます。形式に捉われず、宗教にも捉われない葬儀にしたいと考える人も増加をしており、様々なプランを提案してくれる葬儀会社もあります。

Scroll to top